好評発売中

お申し込みは

・若手2人の15分の授業に注目!
たった15分の授業研究でどの様な授業が成立するのか。

・野中先生の模範模擬授業にも注目!

・ごちそう授業ではない、
「味噌汁・ご飯」の授業とは!?

 

 

第1部 学生、若手教員による即興授業
     ・教材研究の時間 ・授業2つ (40分)
「味噌汁・ご飯」授業は、短い教材研究で、即座に授業にしていくことをねらいにしたものである。ここで、そのことに挑戦してもらった。その場で、チーム(3,4人)で教材研究(30分)をし、その中の一人が、すぐに15分の授業にする即興授業である。おもしろかった。2人の授業者の悪戦苦闘の様子がよく分かる。本来ならば、授業は、このような緊迫感が必要である。
第2部 即興授業を受けての解説 (30分)
参加されている方々にもチームになってもらい、同じように30分の教材研究をしてもらった。おそらく、多くの方は、この教材は、どのように教材分析をすればいいのか、そして、どのように授業展開していけばいいのか、で戸惑われたであろう。提案者も、初任者のクラス(4年生)で実践してきた授業を模擬授業として提案している。
第3部 「味噌汁・ご飯」授業の提案 (60分)
「味噌汁・ご飯」授業が、どういう過程を経て提案されるようになったのかについて詳しく話している。「ごちそう」授業との対比で考えている。今大きく問われようとするのは、1年間で1000時間以上の「日常授業」をどのように改革していくかの課題である。そのために、2つのシンプルな目標を提案している。提案をじっくりと検討いただきたい。
感想を書く

※DVDビデオは映像と音を高密度で記録したディスクです。DVD対応プレイヤーで再生してください。 PCおよびDVDビデオが再生可能な家庭用ゲーム機は、機種により正常な動作ができない場合があります。

※本DVDビデオを許可なく、複製または改訂することを禁止します。また、無断で転載・転送・上演・放送することは、著作権の権利の侵害となり、法律で処罰されますのでご注意ください。